超ブラックの私がクレジットカードを作れた体験談

超ブラックの私の始まり

 

「もう、自己破産しかないでしょ」
冷たく弁護士は言い放ちました。

 

クレジットカードのキャッシングは500万円
当時は、自営業も15年以上経ちほとんどのクレジットカード会社は即決でカードが作れた。
自営業の月商は50万円以下になり材料費、光熱費を除くとほとんど残らない。
ガスや電気が止められることも度々起こっていた。
そんな中、最後の手段として弁護士に相談に行ったのでした。

 

呆然としながら家に帰り、何も知らない嫁に伝えました。
「借金があるんだ。500万円。」
「あなた、内緒で借金をしない約束をしたでしょ?」
妻は言い放ち
「どうするのよ?」
「弁護士に相談したら自己破産しかないって言われた。」
「この家はどうなるのよ?」
「売ることになると思う・・・」

 

どうしようもない超ブラックの男がそこに居た。
負債額は家のローンも合わせて2000万円

 

弁護士に依頼して、自己破産をしたのが7年前の出来事でした。
落ち込む女性

 

超ブラックなのでクレジットカードが作れない

 

7年経ち、CICには自己破産の情報が残っていないはずなのでクレジットカードを申し込むが
どこのカード会社も審査が通りませんでした。
CICには5年分の支払い状況しか残っていないはずです。
しかし、どこも審査が通りません。

 

7年間の間に多くのクレジットカード会社は銀行の傘下に下り、KSC(全国銀行個人信用情報センター)から
情報共有をされて10年間自己破産情報が消えない状態です。
完全に超ブラックの私が誕生していたのでした。

 

超ブラックな私がクレジットカードを作れた

 

ちょうど7年経った頃、ふと「楽天カード」に申し込んでみたら、
この超ブラックの私がクレジットカードを作れました。
ショッピングのみ10万円の枠ですが、ものすごく助かります。

 

公共料金をすべてクレジットカード払いにしました。
これだけで、毎月私に楽天ポイントが入ってきます。
最低限の生活をしている超ブラックの私には非常に助かります。

 

しかし、薄給の私には貯金が全くありませんでした。
そんな中である転職話が舞い降りてきました。
以前に自営でやっていた仕事を任せたい。
給料も上げてやるというものでした。

 

しかし、入ってみると中小企業独特のワンマン社長で私には良い事を
言っていたのですが、18時には終われるといわれていた残業は21時までもあり
社長にそのことを言うと知らぬ存ぜぬを通してきました。

 

再び訪れた超ブラックへの危機

 

ここの仕事のために引っ越しをしていましたが、ほとんど住まずに撤収です。
引っ越し代金、違約金などを合わせると30万円以上の出費です。
私は、町金でお金を借り、何とかやり過ごしていたのですが、

 

相変わらず、大手のクレジットカード会社には超ブラックの私にはカードを
発行してもらえません。そんな中でダメもとで申し込んでみたのがアイフルでした。

 

まさかの超ブラックの私への融資

 

アイフルは、破産の時には借りていなかった会社です。
即日、30万円の枠でキャッシングができました。
すぐに、町金にその30万円を返済することができ、リアルウシジマくんから脱出できました。

 

後で調べてみると、アイフルは独立系の消費者金融で銀行の傘下に入っていない
数少ない消費者金融でした。

 

しかも、アイフルからの申し出で30万円を超える借金もおまとめローンをさせてもらえるとの
事で即、お願いすることにしました。

 

これで、月々の支払額は半減されてお金に困らない普通の生活を送れるようになりました。

 

楽天クレジットカードを作れた夢が再び

 

話はここでは終わりません。
会社で仲の良いおじちゃんにこの話をしたところ、自分も会社を潰して2億円以上の負債を
抱えて自己破産したというのです。
時期は私と同じく7年前とのことでした。

 

そこで、楽天カードを紹介してダメもとで申し込んでみたら?ということで申し込んでみると
自己破産歴のある60歳を超えたバイトのおじちゃんでも作ることが出来ました。

 

超ブラックの方でも作れるクレジットカードの楽天カードと消費者金融のアイフルは本当に
おススメです。